KH Chronicle

1975年生まれ。サッカーのことを多めに書いています。医療と経済にも興味があります。

books

【Book】キネマの神様

映画を見ようと思っていたんだけど、都合がつかず、原作を読むことにした。面白くて3日ほどで読んでしまった。 キネマの神様 (文春文庫)作者:原田 マハ文藝春秋Amazon この映画、志村けんの遺作になりそうだったんですよね。しかし途中で亡くなられたので代…

【Book】空腹こそ最強のクスリ

どうもご無沙汰しておりました。ここ1週間体調を崩しており、何もやる気が起きませんでした(笑)。浦和レッズの試合は欠かさず見ておりましたけども。 「空腹」こそ最強のクスリ作者:青木 厚アスコムAmazon 今日は本の紹介です。ダイエットに関する本です。…

サッカーの監督もそうだけど、どうすればチームで孤立しないように振る舞えるか。

サッカーを見始めてずっと思っていることがあって、それはサッカーの監督は孤独だな、ということです。ミシャが浦和レッズを指揮している時はチームの雰囲気は抜群に良かったようですが、しかしやはり選手と監督には一定の距離はありました。その距離は保た…

【Book】不機嫌な妻・無関心な夫

武蔵浦和の須原屋さんで「不機嫌な妻・無関心な夫」という本を見つけて面白そうだったので買ってみました。 不機嫌な妻 無関心な夫うまくいっている夫婦の話し方【気を付けるべきポイントがわかる!特設ページ付き!】 (Discover Next D)作者:五百田達成ディ…

Netflixでは、普通の社員が社長にフィードバックするそうだ・・。すげー社風だな。

「NO RULES」という本を読んでいます。NetflixのCEOとフランスの大学教授が共著で出版した本です。 NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX (日本経済新聞出版)作者:リード・ヘイスティングス,エリン・メイヤー発売日: 2020/10/22メディア:…

【Book】52ヘルツのクジラたち

2021年の本屋大賞に選ばれた「52ヘルツのクジラたち」という小説を読んでみました。泣きましたねぇ。良い物語でした。 52ヘルツのクジラたち作者:町田そのこ発売日: 2020/04/21メディア: Kindle版 家庭に問題のある20代の女性が主人公です。ふらっと宮崎の港…

空飛ぶ車が超えなければいけない3つの壁

NewsPicks Publishingから出ている「2030年 すべてが加速する世界に備えよ」という本を読んでいます。400ページちょっとで、文字も小さいのでかなりボリュームのある本です。 2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ (NewsPicksパブリッシング)作者:ピー…

今週の週刊東洋経済で「未来を知る」ための読書案内をテーマにしています

さてGWです。私はカレンダー通りに働く予定ですが、それでもいつもよりもずいぶん休みが多くなります。本屋さんに行ったところ、週刊東洋経済でタイムリーな特集をやっていることを知りました。 週刊東洋経済 2021年5/1-5/8合併号 [雑誌](「未来を知る」ため…

【Book】noteではじめる新しいアウトプットの教室

ネタフルのコグレさんが共著でこの本を出版されているのは知っていました。ただ私のプラットフォームははてなブログなので、読まなくて良いかなと思っていたのです。しかし、武蔵浦和の須原屋さん(駅ナカの方)で売っていてパラパラめくっていたところ、「…

【Book】推し、燃ゆ

芥川賞受賞作の「推し、燃ゆ」を読了しました。 推し、燃ゆ作者:宇佐見りん発売日: 2020/09/10メディア: Kindle版 純文学です。純粋に文章を楽しむための純文学です。なんでしょうか、35歳くらいを超えてこういう純文学を読む経験というのは、特に男の場合は…

【Book】英語独習法(今井むつみ著)

「英語独習法」という本を読んでみました。慶応大学の教授が書いている本です。 英語独習法 (岩波新書)作者:今井 むつみ発売日: 2021/02/25メディア: Kindle版 finalventさんのブログで紹介されていて、面白そうだったので買いました。 finalvent.cocolog-ni…

村上春樹の長編小説が、電子化決定!マジ嬉しい、ありがとう新潮社さん!

昨日、新潮社からメールが来て、村上春樹の長編小説が電子化されるという嬉しいお知らせがありました。 村上春樹の長編小説が電子化! さて今月、これまで電子化されていなかった新潮社から刊行されている村上さんの小説全点を電子化します。今回配信される…

私の本の買い方(Kindleと本屋さんハイブリッド)

武蔵浦和には、須原屋という大きめの本屋さんがあります。駅ナカに小さい店舗が一つ、駅の近くに大きな店舗が一つです。武蔵浦和という街は、都内に働きに行く人が多いと思うので、けっこうビジネスマンが多いです。それを反映してか、駅ナカの須原屋さんは…

【Book】論語と算盤(渋沢栄一の口述書)

渋沢栄一さんの「論語と算盤」を読了しました。前々から読みたいと思っていましたが、やっと読めたという感じです。渋沢栄一さんについては、「はじめに」で出てくる紹介文がわかりやすいです。 会社に出勤するため、いつも通りJRに乗って日経新聞をひらい…

【Book】脳と気持ちの整理術(築山 節)

Facebookの「おすすめの本」というグループに所属していて(1.9万人のコミュニティ)、その中で紹介されていた掲題の本が面白そうだったので購入してみました。もうAmazonで新品では売ってなくて、中古で199円でした。すごくキレイな中古本だったので、これ…

最近は、英語の勉強をして日銀の本を読んでいます。

最近、ブログを更新せずに英語の勉強とボリュームのある本を読んでいます。英語については、ラジオ英会話を行き帰りの電車で聴き、合間に本を読むというルーティンです。 ラジオ英会話は前から聴いていたのですが、最近は時間数を増やして、同じレッスンを2…

【book】疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座

この本、昔一回読んだことがあって、それを忘れてもう一回読んでみたら割とよかったという感想です。 疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座posted with amazlet at 20.02.04石川善樹 プレジデント社 売り上げランキング: 84,441Am…

【Book】90秒にかけた男

ジャパネットたかたの元社長、高田明さんの本「90秒にかけた男」を読了しました。新書サイズでさくっと読めます。 90秒にかけた男posted with amazlet at 20.01.13日本経済新聞出版社 (2017-11-21)売り上げランキング: 48,771Amazon.co.jpで詳細を見る 以前…

【book】日本国記

百田尚樹さんの日本通史、「日本国記」を読了しました。この大阪のおじさん、普段の人柄と本の内容のギャップが大きくて、まずそこに驚きます。 日本国紀 posted with amazlet at 19.09.11 百田 尚樹 幻冬舎 (2018-11-12)売り上げランキング: 158 Amazon.co.…

【book】豊饒の海・奔馬

三島由紀夫シリーズ第2弾。「奔馬」を読了しました。人から勧められて読み始めた三島由紀夫ですが、面白いですね。 豊饒の海 第二巻 奔馬 (ほんば) (新潮文庫) posted with amazlet at 19.08.19 三島 由紀夫 新潮社 売り上げランキング: 10,632 Amazon.co.jp…

J2なんて遠い夢だという。J1なんてもっと遠い夢だと人は言う。本当にそうだろうか。

この本、おすすめです。僕みたいなサッカー好きにはたまらない内容です。 平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼 - ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方 - (ヨシモトブックス) posted with amazlet at 19.05.16 平畠 啓史 ワニブックス 売り上げランキング: 101,136 Amazo…

【book】ディス・イズ・ザ・デイ

今回のブリーラム遠征でちょこちょこ本を読んでいました。この本も読了しました。架空のJ2サポーターについて穏やかに、優しい文体で書かれた小説です。 ディス・イズ・ザ・デイ posted with amazlet at 19.05.09 津村記久子 朝日新聞出版 (2018-06-07)売り…

【book】豊饒の海 春の雪(読了)

なぜこのタイミングで三島由紀夫?と思われるかもしれませんが、読了しました。彼が割腹自殺する前の、4部作の1つです。 豊饒の海 第一巻 春の雪 (新潮文庫) posted with amazlet at 19.05.04 三島 由紀夫 新潮社 売り上げランキング: 2,493 Amazon.co.jpで…

この連休に読もうと思って買った本。

世間は連休のど真ん中ですが、私は3連勤で明日から休む予定です。読めるかどうかわかりませんが、本を買ってみました。 ディス・イズ・ザ・デイ 作者: 津村記久子 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/06/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ …

【book】FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

ビジネス本の売り上げランキングにも入っているファクトフルネスを読了しました。内容的には、「世間の声に惑わされず、きちんとデータを読み込み、正確に物事を見るようにしよう」というものでした。 FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え…

ファクトフルネス、読んでます。

最近、電車の中では英語の勉強したり、ブログの更新したりで、少し読書熱が下がっておりました。ただ、あんまり読まないと段々活字に触れたくなってくるものです。と言うわけで、話題のファクトフルネスを読んでおります。 FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10…

【book】下町ロケット ゴースト

TBSのドラマは終わってしまいましたが、下町ロケットのゴーストを読み終わりました。 下町ロケット ゴースト 作者: 池井戸潤 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/07/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (9件) を見る これを読むと、テレビドラマは…

安倍首相が、年末年始に読了したかもしれない3冊の本。

年末に安倍首相が、こんなツイートをしていました。 年末年始はゴルフ、映画鑑賞、読書とゆっくり栄養補給したいと思います。購入したのはこの三冊。 pic.twitter.com/6GecxpZkMC— 安倍晋三 (@AbeShinzo) 2018年12月29日 年末年始に読む用に3冊の本を買われ…

白川前日銀総裁の本を読んでみたいが、はて、いつ読むか。

最近、日経新聞でやたら白川前日銀総裁が出てくるなぁと思ったら、10月に本を出されていたんですね。このタイミングで日本銀行の本を出すというのは、日銀を辞めてから情報公開しても良い時間が経ったということでしょうか(コンプライアンス的に)。 中央銀…

川淵三郎さんが書いた「黙ってられるか」。本当に黙っていない本でした。

Jリーグの初代チェアマン・川淵三郎さんが書いた「黙ってられるか」という本を読みました。初めの方は、それほどでもなかったですけど、だんだん筆が滑らかになってきて、読んでて面白かったです。 黙ってられるか (新潮新書) 作者: 川淵三郎 出版社/メーカ…