Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

「いだてん」第1回は、非常に面白かったです。 #NHK

このブログでも楽しみにしていると書いていたNHKの「いだてん」。ついに昨日、その第1回目が放映されました。

 

 

通常より15分拡大の60分バージョンでした。めちゃめちゃ面白かったです。

 

主人公は二人

この大河ドラマ、主人公が二人います。1912年のストックホルム大会に出場した金栗四三と、1964年の東京オリンピック誘致に尽力した田畑政治です。

 

第1回は、どちらの時代も出てきましたが、基本的には1912年の金栗四三にスポットを当てて話が進みました。

 

テンポが良い

何が良いって、ドラマのテンポが良かったです。え、このスピード感で1年間やるんですか?と突っ込みたくなる小気味よさでした。

 

視聴者が絶賛したのがテンポの良さ。「とにかく、テンポがいいな」「このスピード感、最高だなあ」「テンポ感がすごい。これは引き込まれる」「あれよ、あれよと展開していく。ワクワクが蓄積していく感じが堪(たま)らない!」「圧倒的な疾走感。あっという間の1時間で大満足!」といった意見が多くいだてん:宮藤官九郎作19年大河 初回から大反響 テンポの良さ視聴者絶賛「さすがクドカン」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

 

テンポの他にも、みんなが「スポーツなんてダメだ」と言っている中で、一人「スポーツこそ素晴らしい」と一人で奮闘する嘉納治五郎役の役所広司さんも良かったです。

 

キャスティングなど、書き出すと止まらない感じですが、とにかく面白かったので、2回目も観ます。さすが、クドカンです。