Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

2019 Jリーグ第3節 松本山雅対浦和レッズ。 #urawareds

今日は仕事でしたので、ライブ観戦ではなくてDAZNで後追い観戦でした。スポナビのデータだと浦和のシュート数は6本(枠内2本)で、少しずつ改善しています。

 

 
今回の試合で興味津々だったのは、松本がどのような守り方をするのかというところでした。蓋を開けてみると、かなりインテンシティの高い、前線からプレスをかけてすぐにボールを奪取する戦術でした。

松本の激しいプレスによって、西川がポロリとゴールラインの外にボールを出していたり、宇賀神もトラップミスしてサイドラインにポロリとこぼしてみたり。やはり松本としては、ホーム開幕戦で引いて守るということはせず、どんどんプレスをかけるという作戦を選んだのでしょう。

特に、前の3人(永井、セルジーニョ、前田)は最終ラインにしっかりとプレスをかけてサイドにボールを追い込んだり、西川にロングボールを蹴らしたり、守備に大きな貢献をしていました。

今日の勝因は、興梠がきちんと中盤でボールを奪取し、長澤がとにかくゴール前に上げようとしたことで相手のハンドを誘発したことでしょう。そして西村主審、よく見ていた。

もちろんクリーンシートを達成した守備陣には大いに拍手を送ります。岩波の真ん中、よかったわ〜!水曜は北京ですね!We are Reds!