Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

チャンピオンズリーグ決勝、影のMVP

浦和レッズの監督もしたことがある、Jリーグ副理事長の原博実さんが、先日のチャンピオンズリーグ決勝(第2戦)の感想を書いておられます。

 

 

ありがたいことにメンバーそれぞれについてのコメントがあり、私の好きな武藤雄樹についても言及されていました。

 

武藤雄樹は運動量が際立った。攻守両面での貢献度は本当に高く、個人的には“影のMVP”ではないかと考えている。

 

いやもう、涙出ましたよ。最近は、ゴールこそないですが、ほとんど全ての試合に出ずっぱりです。ACL準決勝の川崎戦で、非常に貴重なアウェイゴールを奪ったのは武藤です。

 

アルヒラル戦(第2戦)で、ゴールを決めたラファエル・シルバにパスを出したのも武藤です。とても良い仕事をしています。

 

スタミナがあり、働きバチのようにずーっと走っていますが、試合終了まで運動量が落ちません。守備ではとても深いところまで下がり、SBの遠藤をサポートします。

 

攻撃でも常に相手DFの裏を狙っていて、厄介な存在であり続けます。コメントを見ていると人柄も良く、寿司ネタというコミカルな面もあります。こんな選手を好きにならないで、誰を好きになるんだ。

 

見てる人はやっぱり見てるんだなぁと、原さんの文章を見てジーンと来ました。今日の川崎戦もスタメンです!(ニヤリ)