Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

【ACL2019】蔚山現代対浦和レッズ(2ndレグ)。 #urawareds

いやぁ、まさかアウェイでクリーンシートに抑えてしかも3得点するとは。今回はテレビ観戦してましたが、何度叫んでしまったか(笑)。

 

 

蔚山は、試合開始からかなり守備的に入ってきて、浦和としてはボールを持たせてくれるありがたい展開。3得点とも、クロスからでした。解説の都並さんが、蔚山はクロスに対してマークが緩いということを言っていたので、クラブとしてもきちんとスカウティングが出来ていたのでしょうね。

 

2点目の興梠には、しっかりマーク付いてましたけど、そこは興梠のスピードが上回りました。1点目、3点目については、得点者(興梠)、もしくはアシストの杉本がノーマークでした。確かに緩かった(クロスが上手かった、というのももちろんあります)。

 

遅行に関しては、完全にミシャ式を復活させていて、武藤、興梠の二人は我が意を得たりと中央でコンビネーションを作り出しています。ミシャ式を知らないファブリシオ、杉本はそこにはからんでこないですけど、どこかで意思疎通できるような流れになると良いですね。

 

3バックと4バックを見事に使い分け、リードしてから森脇を投入して、往年の3バックを作るあたり、理に適った交替策を講じてくるなぁと大槻采配に感心しました。

 

また長澤のインテリジェンス感じるボール回し、時間稼ぎ、良いと思いました。この人、いろいろわかってるなぁとテレビを通して感動しておりました。

 

まあ、なんせこの面白いACLをまだ楽しめるというところが、最高に楽しいわけです。現地で応援した人が素直に羨ましいです。準々決勝の抽選会は7/2です。相手がどこになろうと、今度はアウェイに足を運びたいです。上海、広州、鹿島、素晴らしい相手ばかりですね。

 

選手の皆さん、スタッフの皆さん、現地サポの皆さんお疲れ様でした。We are Reds!