Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

【ACL2019】準決勝・vs広州恒大(1stレグ)。力強い第1戦でした。 #urawareds

タイトル通り、選手の意気込みを感じた力強い1stレグでした。個人的には、MOMは鈴木大輔。槙野、岩波が積極的に対人守備を行い、鈴木がカバーするという組織的な守り方を見せてくれました。

 

 

決して広州恒大が緩かったようには思えません。最終ラインまでプレスに来てましたし、浦和は2点取りましたが、ゴラッソ二発です。基本は3バックで興梠のマークも厳しかった。

 

それでも浦和の選手は、良かったです。スポナビによると、浦和のシュートは12本(枠内5本)、広州恒大は3本(同1本)。内容的にも上回っていました。

 

f:id:prings:20191003182522j:image

 

最終ラインへのプレスは、CB三人と西川で躱し、蹴り出す時は橋岡を狙い、つなげる時は相手のスライディングがギリギリ届かないところに絶妙なパスを送りました。

 

攻撃の選手は、身体を張ってボールを収め、サイドの選手は常に裏を狙っていました。前への推進力がとても強かったです。

 

f:id:prings:20191003183049j:image

 

さらに言うと、交代策も良かった。ファブリシオ→武藤は、「もう1点」と言う意思表示を示し、タイプが違う二人ですから相手の対応も難しかったはずです。

 

二人目の交代は結構引っ張って、後半40分。長澤に代えて阿部。この時点では2-0でしたので、守備を固めつつ、展開力のある阿部投入で攻撃に睨みも効かせる。

 

三人目は意外でしたが、関根に代えて宇賀神。私は、橋岡に代えて宇賀神かと思っていましたが、やはり橋岡の高さは指揮官にとっては大事なんでしょう。もしくは、関根が見た目以上に疲弊していたか。そこは、大槻監督に聞いてみないとわかりません。

 

スタジアムの雰囲気も良く、やはり浦和レッズにとってACLは特別なんだなという気持ちを改めて持ちました。しかしまだ1stレグ。気を引き締めていきましょう。Jリーグもこの勢いで。