Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

【book】日本国記

百田尚樹さんの日本通史、「日本国記」を読了しました。この大阪のおじさん、普段の人柄と本の内容のギャップが大きくて、まずそこに驚きます。

 

日本国紀
日本国紀
posted with amazlet at 19.09.11
百田 尚樹
幻冬舎 (2018-11-12)
売り上げランキング: 158
 
この本は、日本通史ということで日本人の起源から始まります。全部で約500ページあり、3分の2くらいで明治維新が終了します。
 
「お?明治維新がここで終わるということは、現代史にずいぶんページ割いてるな」と思ったら、戦争にかなりのページを費やしておりました。
 
司馬遼太郎が作品を書くとき、膨大な資料と向き合ったという話を聞きますが、百田さんの文章を読んでいると、この人もまた膨大な資料を読み込んでいることが伝わってきます。
 
そして、教科書には書いていないそれぞれの戦争について、侵略について、大東亜戦争という単語について、多くの気づきをもたらしてくれます。読む価値ありです。
 
内容的にあまりに日本礼賛が過ぎている気もします。ただ、それだけ今の日本人は自分の国に誇りを持てていないんじゃないかとも思えます。百田さんから「これだけ素晴らしい国、民族なんだから、もっと誇りを持て」と暗に言われている気がします。
 
平易な文章で書かれていて、とても読みやすいです。唯一の不満は、「電子書籍で出してくれー」です。満員電車の中で、ハードカバーの本を広げて読むのはなかなか労力が要りました。ま、出版社との義理を果たしているんだと思います。百田さんらしい。