Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

【ACL2019】上海上港対浦和レッズ。後半にシステムを変えて来た上海。 #urawareds

今回は、テレビ観戦でした。前半の映像の乱れが甚だしかったです。試合は、2-2の同点でした。追いつかれた形になったので、モヤっとした印象になりましたけど、敵地で同点で、しかもアウェイゴール二つ取れたのは大きいです。

 

 

そして、フッキが累積2枚になり、埼スタでの2ndレグは出場停止。槙野、してやったりでした。相手に与えたPKはどちらもマウリシオが絡んでますけど、逆にマウリシオ がいなければそのまま決められていたような場面でしたので、この選手のポジショニングはやはり良かったです。

 

なぜ浦和はアジアだと攻撃がスムーズなのか

 

浦和は、なぜアジアが舞台だとそれなりに点が取れるのか。轡田さんの上のツイートは、理由の一つです。あと、他にもJリーグの場合だと「相手が浦和の選手のプレーに慣れている」、「浦和だとモチベーションが上がる」、「スカウティングするサンプルが多い」などがあります。

 

あと、Jリーガーのレベルが高い、というのもありますね。そして守備の組織がしっかりしていると。

 

上海上港の攻撃は、まずオスカルありきでした。流石にあの選手がボランチの位置でボールを持ってドリブル、パスを仕掛けてくると怖いと感じました。

 

ただ、後半に追いつくと疲れちゃったのか、その後はほどほどの仕掛けに終わってました。

 

2ndレグにつなげる条件としては、いい結果です。もう一方の鹿島と広州の1stレグは0-0でした。今の状況だけで言うと、日本勢が勝ち抜ける可能性は高そうです。さて、楽しみにその日を迎えましょう。

 

そう言えば、浦和の選手について全く触れてませんでしたが、僕は長澤が良かったです。武藤も柏木もいないと、彼がプレイスキッカーになるんだなぁと。そして、2点目の興梠へのパスは素晴らしかったです。グッジョブ!