Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

浦和レッズ初の金Jは、超凹む敗戦でした。 #urawareds

桜満開の埼玉スタジアム🌸。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

いや、もうどう書いていいかわからないくらいの、完敗でございました。ダイジェストはこちらから。

 

 

ダイジェスト見てわかる通り、西川周作さんが孤軍奮闘の浦和でした。あれだけ神セーブ連発して、3失点て。どんだけ攻め込まれてるんですか。

 

前半は、なかなか良かったと思いました。残念な1失点がありましたが、浦和の攻撃にも可能性を感じ、これを続けていたら後半は追いつけるんじゃないかなぁと思っていました。

 

しかしながら、勢いづいたのは横浜。なぜそんなに後半になると攻め手がなくなってしまったのか、これは今すぐにわからないですね。

 

 

最近、柏木が途中交代することがあります。メンタル的に大丈夫かなぁと思っていますが、これは本人にしかわからないところなので、見守るだけですね。

 

チアゴ・マルチンスと畠中

昨日の試合を見ていて、浦和の攻撃が杜撰(ずさん)と言うよりも、マリノスは全員でよくプレスをかけていたなぁと感じました。特に最終ラインの二人。

 

チアゴは、このチームにいなくてはいけない性質を持っていて、足が超速いです。基本的にハイラインのチームですから、後ろには広大なスペースがあり、浦和も昨日は散々裏を狙っていました。

 

しかし、このチアゴが常に後ろのケアをしているんですね。多少興梠や武藤が裏抜けを狙っても、それに追いつくスピードがあり、昨日は全然裏抜けが出来ませんでした。

 

畠中は、攻撃の時にビルドアップに絡んで、やはり機能しています。この最終ラインの二人は本当にうまくそれぞれの役割をこなしているなぁと感じました。

 

ま、相手を褒めるしかない、そんな試合でしたね。次頑張りましょう。