Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

日本対オマーンを見た感想。審判に助けられた。

最初はテレビ朝日で見ていましたが、ちょいちょい画像が途切れていたので、途中からNHK BS1にして観戦しました。

 

1-0で日本の勝利。

場所:ザイード・スポーツ・シティ・スタジアム

 

 

く、ドメサカの中の人、面白すぎる。

 

前半、南野拓実が驚くほどのチャンスを作りだしました。決定機が2〜3回はありましたよね。解説の中山雅史さんが言ってましたけど、あれだけ決定機を作り出せるというのは、相当良いポジションどりをしているというわけです。

 

しかし、いずれの決定機も決めることはできず。

 

ただ、なんとかその流れの中で原口がPKをゲットし、落ち着いて決めて先制しました。このPKもやや怪しくて、審判によってはペナルティエリアの外での反則にするか、もしくは反則自体取らなかったんじゃないかと思えるプレーでした。

 

逆に、オマーンの攻撃時にペナルティエリア内で長友がハンドをしましたが、これはハンドの判定になりませんでした。オマーンの選手たちがすごい速さで審判に詰め寄りましたが、やはりノーファール。

 

後半はそのままの流れというか、そんなにシステムもいじらず、手堅く守って1-0で勝利でした。主審はミャンマーの方でしたが、日本が助けられた試合でした。

 

大迫の不在感、半端ないです。