Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

写真を撮るときに、iPhoneではなくコンデジ、もしくは一眼レフを使う理由。

これだけスマホが普及して、多くの人が携帯電話で写真を撮っているのに、私は出来るだけコンパクトカメラ、もしくはデジタル一眼レフで写真を撮っています。

 

使っているカメラは、次の二つ。

 

 

Canonのコンデジは比較的新しくて、撮った写真をWi-Fiでスマホに送ることができます。NikonのD90は10年近く前に買ったものです。名機と呼ばれていて、10年経ってもお気に入りです。一度、シャッター押しても反応しなくなったので、新宿サービスセンター - ショールーム/サービスセンター | サポート | ニコンイメージングまで持って行った記憶があります。

 

なぜiPhoneで撮らないのか

iPhoneを常に持ち歩いているので、iPhoneで撮れば良いじゃないかと言われそうなのですが、写真は上の二つのカメラで撮ることがほとんどです。理由は、以下の3つです。

 

  1. レンズがでかい
  2. 画質の調整ができる
  3. 画質の好み

 

それぞれ説明してみます。

 

レンズがでかいのは素晴らしい

まずレンズから。カメラというのは、レンズでかなり画質が決まります。ソフトウェアの部分でカバーもできますが、それで納得のいく写真が撮れるのであれば、何十万円もするレンズを売るはずがありません。

 

実際にレンズが違うと写真が変わります。写真というのは、光を取り入れてナンボです。大きいレンズはそれだけで正義です。

 

iPhoneのカメラは、レンズが小さいです。十分素晴らしい写真が撮れるのですが、やはりそれでもコンデジにも敵いません。比較を出せと言われると、難しいですが・・。

 

鎌倉の大仏をそれぞれのカメラに収めてみました。

 

f:id:prings:20181127190944j:image

iPhone 8です。
f:id:prings:20181127190940j:image

Nikon D90です。

f:id:prings:20181127190936j:image

Canon PowerShot G9 X Mark IIです。

 

どうですか?D90が一番自然な色で、次がCanon、そしてiPhoneかなと私は思います。日暮れ時で、少し暗いのがポイントです。やはりレンズが大きいと光をたくさん取り込むので、明るい写真が撮れます。

 

3枚を見比べて、どれでも良いよ!という人は、スマホで大丈夫だと思います。おぉ、やはり大きいレンズは違うなぁという人は、スマホ以外のカメラもお勧めします。

 

画質の調整ができる

iPhone使っている人はご存知かと思いますが、カメラの画質を調整することが出来ません。サードパーティのカメラアプリはできますが、アップル純正のカメラアプリは出来ないです。

 

CanonのコンデジとNikonのD90は画質調整ができます。上の大仏3枚を比べますと、iPhoneが2.38MB、Canonが1.09MB、D90が1.66MBです。なぜサイズが小さいのに綺麗に写るかというのは、先ほどのレンズの話に戻ります。

 

実は、iPhoneのサイズが大きいのは画素数が大きいからなのですが(1200万画素)、自分の携帯端末で写真を見るぶんには、500万画素もあれば十分です。

 

CanonもD90も画素数を下げているのでサイズが小さいわけです。よく、iPhone持っている人で写真の容量が大きくなって、ストレージがパンパンの人がいますが、コンデジで撮影するとより小さいサイズで綺麗な写真が撮れます。

 

画質の好み

これを書くと元も子もないのですが、つまりはiPhoneよりもCanonのG9、D90の画質、写真が好きということです。

 

でもまあ、レンズが大きいとやっぱり胸がすくような写真が撮れますよね。

 

f:id:prings:20181127204449j:image

PowerShot G9 X Mark IIで撮影。

 

まとめ

私はブログを書いているので、写真を載せることも多く、カメラは大好きです。今まで、スマホだけでしか写真を撮ったことがない人は、是非ともレンズの大きいカメラをお勧めします。

 

また違った写真が撮れて、面白いですよ〜😄