Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

11月3日のガンバ大阪戦で、新しいシートチェンジサービスが試されるようです。 #urawareds

浦和レッズの公式ホームページを覗くと、「11/3 G大阪戦 新たなシートチェンジサービスの試験導入について|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE」という通知がありました。内容を読んでみましたが、なかなか良さそうなシートチェンジサービスです。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

8月の会員向けアンケートで、シートチェンジサービスについての質問がありました。使い心地はいかがですか、と。その結果がこちらです。

 

f:id:prings:20181005184506j:image

 

緑色が、「魅力的に感じている」、赤色が「魅力的に感じていない」です。シートチェンジサービスは、シーズンチケット保持者の12%が魅力的に感じており、23%が魅力的に感じていないでした。

 

まあ、あんまり使い心地はよろしくない結果ではないかと思います。現状のシートチェンジは、メインアッパーの席にのみチェンジ出来ます。

 

初心者はロアースタンドが好み?

なぜメインアッパーだけにシートチェンジなのか、理由はわかりません。個人的な印象ですけども、2階席のアッパー席は試合がとても見やすく、選手全員の動きがつかみやすいです。

 

そのため、戦術の確認をしたい人がアッパー席に座ることも多いのではないかと思います。また、埼玉スタジアムはアッパー席全体に屋根があります。雨が気になる人もおそらくアッパー席でしょう。

 

天気が良いと、サッカーをあまり知らない人だと、経験的にロアースタンドの方が盛り上がる人が多いです。やはり選手を間近で見られるというのは、誰でも興奮するはずです。

 

うちの奥さんは、すでに初心者の域をだいぶん超えていますが、サッカーを知らない時にロアースタンドに連れて行くと大興奮でした。

 

シートチェンジ使う人は、新規のお客さんを呼んでいる

シーズンチケット持っている人が、シートチェンジサービスを使うときは、おそらく普段埼スタに来ない人と一緒に来ているのではないかと思います。

 

そんな人にアッパースタンドだけ、というのはあまりにも選択肢が無いと感じます。そういう声がたくさんあるようで、浦和レッズもこういった新しいサービスを試験的に行うようです。

 

好きな席を選べる

試験的に行われるシートチェンジサービスは、好きな席を選べます。詳しくは、こちらのPDFをご覧下さい。

 

  1. まずREX TICKETで人数分のチケットを好きな席種で購入
  2. その後に、クラブが指定するサイトから自分のシーズンチケット分を譲渡
  3. 試合当日、南門のチケットブースで手続き

 

という流れになるようです。このサービスは、同じシーズンチケットでも紙のチケットは対応しておらず、ICカードタイプのチケットのみ対応です。

 

私は、今のところシートチェンジする予定はないのですが、この方法なら好きな席を選べて、友達も呼べそうです。もちろん座席指定も出来ます。

 

少しずつサービス改善されていて、サポーターとしては嬉しいです。