Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

柏木の試合後コメントで出てきたマンチェスターシティのドキュメンタリーとは。 #urawareds

柏戦は苦しみましたが、頼れるエースの活躍で3-2と勝利できました。台風24号の影響で開催が危ぶまれました。14時キックオフというのが、ギリギリ良かったんじゃないかと思います。



オリヴェイラ監督、各選手のコメントを読むと、浦和の2失点、特に2失点目のクリスチアーノ→瀬川→ヘディング→ゴールは、練習で何度も対策をしたところだそうで、クリスチアーノのクロスは上げられる前に止めなければいけませんでした。

クリスチアーノに簡単に上げさせて、そして瀬川もゴール前でなぜかフリーと。

得点に関しては、武藤→興梠で2点、武藤→亀川リフレクション→長澤の1点でした。3ボランチシステムは前節の神戸戦から使っていますが、特に長澤に関してはボランチというポジションに収まるのではなく、中央から長い距離を走って攻撃参加するように監督から言われているようです。

長澤は、もともと攻撃的な役割を担っています。ボランチとして見る方も多いかもしれませんけど、私はプレーヤーとして見ています。攻撃の能力も高くて、本日の試合でも前の試合でも点を取っています。2ー1の時間帯で、彼がもう1点取っていてもおかしくなかったと思います。

引用元:オズワルド オリヴェイラ監督 柏戦試合後会見|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE


私、オリヴェイラ監督のこういうところ大好きで、選手を枠にはめないというか、どんどんチャレンジさせるところは、器の大きさを感じます。荻原や柴戸、橋岡もかなり積極的に使っていると思います。

柏木→興梠のホットラインはかなり警戒されていたようで、柏木は中盤やや後ろからパスをつないでリズムを作ることに、この試合は専念していたようでした。柏木の試合後コメントを読んでいると、「僕は今、マンチェスターシティのサッカーが一番好きだ。シティのドキュメンタリーを見ている。」と述べていました。

Webで検索をかけてみると、Amazonプライムビデオでそれらしきドキュメンタリーを発見しました。ありがたいことにAmazonプライム会員であれば、無料で見ることが出来ます。



評価も上々のドキュメンタリーで、30個の投稿で、平均4.9点です。見た人ほとんどが5点つけています。私も少し見てみましたが、こんなに密着取材して公開して良いのかと驚くほどの晒しっぷりです。

とにかく、暫定で6位まで上がってきました。チャンピオンズリーグに手が届きそうなところです。天皇杯だけではなく、リーグ戦でもぜひCL出場権を獲得してほしいです。