Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

引き分け。長崎の壁を崩せず、アウェイに引き続き、ホームでも勝ち点1。 #urawareds

ここ数日の大原での選手コメントを読んでいると、「ミドルを練習」や「カウンターに注意」というコメントが出て来ていました。まあ、つまりは長崎のサッカーは引いて守ってカウンターなわけです。

 

f:id:prings:20180805224440j:image

 

引いて守ってカウンターというスタンスに加えて、今日の試合を見た感想なのですが、まあよく走ります。どのようなモチベーションなのかわかりませんが、これでもかというくらい走ります。

 

高木監督のマネジメントが上手いんでしょうね。特に、他のチームだと宇賀神、橋岡のWBコンビには比較的マークは緩めだと思ったのですが、長崎はサイドでも結構プレッシャーをかけてきます。

 

よくオーガナイズされた守備だと思いました。この守備を崩すには、オートマチックにワンタッチで崩していくような攻撃になるんでしょうね。

 

それはそうと、今回の審判はどうもテンポ悪かったです。長崎もテンポを遅くして浦和にリズムを作らせないような戦術だったため、審判と長崎がコラボレーションしているようでした。

 

ただ長崎にも攻められていた部分はありましたし、負けなくてよかったかとも思います。気持ち切り替えて行きましょう。