Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

Jリーグ第2節、浦和対広島の感想

いやぁ、何とも言えない渋い試合でした。それでも勝ち点が1つでも取れればサポーターの気も晴れるというところだったでしょうが、決して広島もそれほどよかったとは思えない中での逆転負け。



サッカーの醍醐味って、ゴール前で「おぉ。」というプレーや、点が入らなくても相手を崩した形があれば、それなりに楽しめます。ただ、今回の浦和はマルティノスの前のスペースが空いているのにもかかわらず、スルーパスを出さない。足もとへのパスが多かったです。

さて長崎戦です。このチームは今一丸となっている感じはありますので、J1に上がってきたばかりの新興チームという意識は捨てた方が良さそうです。浦和の攻撃がどれほど改善されているか、楽しみにしております。