Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

ラファのお別れInstagramが、思いのほかジーンとくる。

Instagramで、今回浦和から中国のクラブへ移籍することになったラファエル・シルバをフォローしています。移籍が確定してから彼のアカウントを見てみたのですが、とても良い文章でしたのでブログに書いておきます。

 

お別れは常に悲しいものです。 そんな悲しみを抱きながらも、ずっと見守って信じてくれたこの素晴らしいクラブに別れを告げる時が来ました。 このクラブで日々、怠る事なく常に自分のベストを尽くす事が出来たと思います。 チームの歴史に貢献をする事が出来て、心残りのないまま顔を上げてこのクラブを離れます。 念願だったタイトルを取得する事が出来て、男としても大変成長をさせて貰いました。 僅か1年ではありましたが、ピッチ内外を含めこのクラブで得る事の出来た経験や実績は自分の人生において掛け替えの無いものです。 チーム関係者を含め、多大なる愛情で僕の背中を押してくれたサポーターの皆様、心から本当にありがとうございました。 どうか僕の事を忘れないで下さい。 Uma despedida é sempre triste e hoje me despeço desse grandioso clube que me acolheu, e que sempre confiou em meu potencial. Dei meu máximo todos os dias dentro desse clube, fiz história e saio pela porta da frente de cabeça erguida, sem mágoas, com títulos e, com certeza, muito mais maduro como homem, orgulhoso por tudo que vivi nesse 1 ano intenso e cheio de conquistas, dentro e fora de campo. Obrigado a todos envolvidos, e principalmente aos torcedores que sempre demonstraram um carinho incrível por mim! Nunca esquecerei de vocês e espero que não esqueçam de mim! Obrigado #wearereds #RS8 #crazylife

R.Silvaさん(@r_silva92)がシェアした投稿 -


上が日本語、下がポルトガルでしょうか。どなたが日本語に訳してくれたのかわかりませんが、とても伝わってくる文章です。ラファは、ブラジルにいる家族や親戚までも養っているそうなので、どれだけ所属しているクラブを愛していても、より給料の高いクラブを優先しています。

おそらく、ラファも1つのクラブに留まることの幸せというのも頭にあるとは思うのですが、そうできない辛さのようなものをこの文章から伺い知ることができます。

社交辞令な部分もあるのでしょうが、このように胸に響く文章で書かれると、ラファも浦和で良い思い出を残すことができ、選手としてやりがいを感じていたんだなとサポーターとして嬉しくなってきます。

またチャンピオンズリーグで会うこともあるかもしれません。その時にはコテンパンにやっつけてやろうと思います(笑)。Adeus, Rafael da Silva!!