Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

昨夜のWカサブランカ戦は、なかなかよかった。

昨夜のWカサブランカ戦は、ここ最近の浦和にはない攻撃が見られて、少し来季への希望が見えた試合でした。

 

 

上のツイートの通りで、森脇と槙野がかなり積極的に上がるスタイルでした。堀監督の守備戦術は、ACLを取るためには必要でしたが、Jリーグでは結果も出ないし、見ていて面白くないし、来シーズンはどうするのかなとずいぶん心配していたのです。

 

堀監督も、このままではまずいかも思ったのかどうか知りませんが、今までリスクを取らないで、なかなかSBのオーバーラップが見られませんでした。

 

SBのオーバーラップがないと、サイドでボールを持ったとき、具体的にいうと、両ウィングの武藤とラファがボールを持った時に、手詰まりになることが多いです。

 

ポツンとラファがボールを持っても、相手のDFに囲まれてサクッとそこでボールを回収されてしまうわけです。相手にとっては、とてもやりやすい状況でした。

 

SBが上がる効力

 

森脇、槙野が積極的なオーバーラップをしますと、ラファと武藤の援護に行けるわけです。そうすると、そこで攻撃が途絶えることなく、むしろサイドで打開して、クロスを上げたり、バイタルにパスを出して、マウリシオへパスを出すこともできるわけです。見ていて面白いわけですね。

 

SBのオーバーラップに伴う副作用としては、守備が手薄になるので失点しやすくなります。カウンターを受けやすくなります。ここのリスクがあるため、堀監督はSBの押し上げを嫌っていたわけですが、あまりにも点が取れないので、その方針を変えたのでしょう。

 

代わりに青木が守る

 

森脇、槙野が上がる代わりに、青木が最終ラインに吸収されます。中盤が空きますので、長澤も下がります。例えば、武藤のサイドで森脇が攻撃参加した時に、どちらかがクロスを上げる。

 

今までだと、あまりにも守備に力を入れているため、クロスを上げてもボックス内(ペナルティエリア内)に興梠1人なんてことがよくあったわけです。相手からすると1人だけマークにつけばいいので守りやすい。

 

昨夜の試合では、ここに柏木やラファがボックス内に入ってきていました。3人いるとずいぶん違います。見ている方も可能性を感じるので、かなり面白くなってきます。

 

ミシャの時は、4人くらいボックス内にいましたが、これはリスク取りすぎです。3人くらいがちょうどいいんじゃないかと個人的には思います。

 

マウリシオのミドルがあんな破壊力があるというのは、なんとなく試合前の練習見ていて伝わってはきていました。しかし、昨日のミドルはすごいコースに決まりました。

 

 

マウリシオがあまり上がると、それこそリスクが高いので、たまに上がってすごいミドルを見せておくと、相手はやりにくくなるでしょう。

 

失点について

 

昨日は、2失点しましたが、最後のVARはなかなかシビアでした。しかし、2失点は2失点です。なんとか、1試合1失点までにして欲しいです。Jリーグ34節戦って、平均1失点ですと、計34失点で、これは十分優勝が狙えるレベルです。

 

SBの押し上げは必要ですので、1失点までならオッケーということで、リスク管理しながら面白いサッカーを見せて欲しいです。そういう意味で、昨日の試合は、なかなか良かったです。