Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

ACL Finalを前に海外メディアからインタビューを受けました

23日、勤労感謝の日。所用があり、埼玉スタジアムへ行った帰りに、浦和のレッドボルテージに寄りました。25日の試合のためにグッズを買っていこうと思ってのこと。この日はレッズレディースの安藤梢さんがお店に来られると言うことで、結構な賑わいでした。

勝戦前の祝日、レディース選手のサイン会開催とあり、本日のレッドボルテージは開店から閉店まで、一日中大賑わいとなった1日でした。フラッグをお買い求めになるお客様、防寒のためにマフラーや手袋をお買い求めになるお客様、先行販売となった25周年カレンダーをお買い求めになるお客様、レディース選手のイベントに参加されるお客様。

引用元:RED VOLTAGE


お店を出た時に、マイクを持った欧米系の外国人が近寄ってきました。「ちょっとインタビュー良いですか?」Nativeではないものの、流暢に日本語を話す外国人です。カメラマンも一緒にいて、この人は日本人。

マイクには「beIN Sports」と書いてありました。怪しい2人だなぁと始めは思ったのですが(苦笑)、なんとなく説得力のある雰囲気を感じたので、インタビューに応じました。

※あとで調べてみると、「beIN Sports」は中東の有名なスポーツメディアでした。

私が第1戦目はサウジアラビアに行って応援したという話をすると、「え?もしかしてヒラルのサポーターですか?」と1歩退かれました。いやいや違います、ガチンコの浦和サポですと言うと、ホッとした様子でインタビュー続行。

浦和は勝つと思いますか?とか、なぜ勝ちますか?とか2〜3の簡単なインタビューでした。このインタビューがどこに掲載されるのか、よくわかりませんが、それにしてもわざわざレッドボルテージまで来てこのようなインタビューをするんだなと感心しました。

欧州のチャンピオンズリーグに比べると注目度は高くないですが、それでもアジアにおけるチャンピオンズリーグです。しかも決勝戦です。海外のメディアがこのように注目しているのを見て、日本のチームが出場していて、しかも日本で試合が開催されるのに、なぜテレビ放映がBS日テレだけなんだと、寂しい気持ちになりました。

もうちょっとクラブチームにスポットが当たってもいいんじゃないかなと思います。メディアの皆様、よろしくお願いします。