Allez Urawa

1975年生まれ。浦和レッズのことを多めに書いています。その他のこともちょこちょこと。

books

ナイキでは、アパレルの売上を伸ばすために社員にスーツ、ネクタイを強制したことがあった。

Kindleで90%くらい読みました。「シュードッグ」です。9割読んでも、まだ1980年くらいのことが書かれています。マイケル・ジョーダンも登場していません。やっと、ミッドソールに入れる「エアー」の話が出ている程度です。 SHOE DOG(シュードッグ) 作者: フ…

お仕事は正直に。(シュードッグより)

ナイキの創業者が書いた自伝、「シュードッグ」を引き続き読んでいます。今朝読んでいた時に、グッときた箇所がありましたので紹介しておきます。 SHOE DOG(シュードッグ) 作者: フィル・ナイト,大田黒奉之 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2017/10…

ナイキは、初めはアシックスのオニツカを売っていた。

ナイキの創業者による自伝、「シュードッグ」を読んでいます。半分くらい読んで、そこまではナイキの製品ではなく、日本のオニツカ(アシックス)を輸入して販売していたことが書かれています。 SHOE DOG(シュードッグ)作者: フィル・ナイト,大田黒奉之出版…

壮絶なるジャイアントキリングの小説「空飛ぶタイヤ」

いやぁ、超面白い小説でした。今まで読んだ池井戸作品で一番面白かったです。終盤は、話が気になって電車の中だけでなく、帰宅してからも読んだくらいでした。 空飛ぶタイヤ 上下合本版 作者: 池井戸潤 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/07 メディア…

非公開練習にしても警備員は見ている、という事実。「サッカー教養講座」

日経新聞の武智さんと山本昌邦さんが対談という形で出版された「サッカー教養講座」という本を読んでいます。 サッカー教養講座 posted with amazlet at 18.06.25 日本経済新聞出版社 (2018-06-07)売り上げランキング: 7,281 Amazon.co.jpで詳細を見る 基本…

【book】鏡の孤城→不登校の話かと、初めは面白くないかと思ったけど、怒涛の展開で、超面白かったです。

たまには小説でも読んでみるかと、武蔵浦和の須原屋さんに行き、「受賞!本屋大賞2018」というわかりやすいPOPに惹かれて購入、読んでみました。クッソ面白かったので、ブログに書いておきます。 かがみの孤城 posted with amazlet at 18.06.12 ポプラ社 (20…

【Book】砕かれたハリルホジッチ・プラン 日本サッカーにビジョンはあるか?→クッソ面白いので、ぜひ読んでみて下さい。

五百蔵容(いほろい ただしと読みます)さんの著書「砕かれたハリルホジッチ・プラン 日本サッカーにビジョンはあるか?」を読み終えましたので、感想を書いてみます。全体的には誠実に書かれていて、ハリルホジッチさんの評価が高い本です。 砕かれたハリル…

日本に旅行に来る中国人のことがよくわかる本。目から鱗の情報が満載で、超おすすめです。

めっちゃ面白い本に出会いました。書いているのは中国人で、「行楽」という日本の観光情報誌を中国富裕者層に向けて制作している背景のある人です。上海市生まれですが、早稲田大学出ていて、日経BP社に勤務していました。 日本人は知らない中国セレブ消費 (…

成功と幸せのための4つのエネルギー管理術

14年も前の本ですが、「成功と幸せのための4つのエネルギー管理術」という本を読みました。自己啓発本です。図書館で借りて読みました。 メンタル・タフネス 成功と幸せのための4つのエネルギー管理術 作者: ジム・レーヤー,トニー・シュワルツ 出版社/メー…

百田尚樹さんの「戦争と平和」は改憲派の意見がよくわかる本

森友学園のニュースがいよいよ佳境に入ってきたなぁと感じる今日この頃。2012年暮れから続いている安倍政権が揺らいでいます。ドイツの政権が少し落ち着いてきたかなと思いましたが、日本が今度は少し不安定になっていますね。さてどうなりますやら。 戦争と…

【Book】ペップ・グアルディオラ−キミにすべてを語ろう

少し前の本ですが、グアルディオラについての本を読んでいます。バイエルンで監督をやっていた頃のペップを、ほとんど密着で取材し、練習メニューや誰としゃべったかなどかなり踏み込んで書かれている本です。 ペップ・グアルディオラ キミにすべてを語ろう …

デジタル・ゴールド読了

ビット・コインの始まりから2014年終わりくらいまでを描いた、NYタイムズ記者渾身の1冊を読み終わりました。様々な登場人物が出てきますので、誰が誰やらわからなくなりますが、それでも非常に面白かったです。 デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られ…

ビットコインの勉強をしようと思っている人におすすめの本

昨年からビットコインが上昇しております。私は完全に乗り遅れてしまいました(笑)。こういう時は放っておこう、見守っておこうと考えていたのですが、古い友人から、「ビットコインという響きは今のところ少し胡散臭い感じがするけれども、ブロックチェーン…

村上春樹さんが日経電子版に寄稿しています。

村上春樹さんが日経電子版に寄稿しています。レイモンド・チャンドラーの翻訳が7作完了したということで、区切りの意味での寄稿のようです。村上さんがこういう感じで寄稿するのは珍しいですよね。電子版も通知を使って大々的にアピールしてきました。 www.…

今年読んだ本は、15冊。

多読と言うほど読んではいないのですが、定期的に読書はしております。読んだ本は、アプリで管理しております。私が使っているのは、ビブリアという読書管理アプリです。日経新聞で紹介されていたので使い始めました。 読書管理ビブリア 〜 読んだ本とメモを…

図書館を利用しないなんてもったいない

さいたま市に住んでいると、図書館がとても使いやすくて助かります。私がよく利用するのは、武蔵浦和図書館です。 図書館まで歩いて数分というのも使いやすい理由の一つですが、武蔵浦和図書館だと駅から近いですし、夜20時まで開いているので、家から遠くて…

【Book】生涯投資家

村上世彰さんの「生涯投資家」を読了しました。とても面白かったです。投資に興味がある人、仕事で株式に関わっている人、村上世彰って悪い人なんでしょって思っている人にぜひ読んでもらいたい本です。 生涯投資家 作者: 村上世彰 出版社/メーカー: 文藝春…

村上世彰さんが出した「生涯投資家」という本がクッソ面白い件

タイトルの通りですが、2006年にインサイダー取引で逮捕された村上世彰さんの著書、「生涯投資家」が面白すぎるのです。今朝からKindleで読み始めまして、16%まで読みました。出だしからぐいぐいと引き込まれます。でもよくみるとWikipediaにだいたい載って…

【Book】自分の時間を取り戻そう

ちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」を読みました。相変わらず、文章のテンポもよく、頭に刺激を与えてくれる提案をしてくれるお姉さんです。いつも書いてますが、ブログの文章よりもやはり文体が優しいですね。 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成…

【Book】サラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん

マーケティングのことを知りたくて、本を読んでみました。優しくマーケティングのことが書いてあり、お勧めのマーケティングの本もたくさん掲載されています。マーケティングってよく聞くけど、一体何?と言う人が読むと良いでしょう。 サラサラ読めるのにジ…

【Book】自分メディアはこう作る

ちきりんさんの「自分メディアはこう作る」を読んでいます。紙の本です。やはりちきりんさんは、ブログと本では少し言葉遣いが違います。本の方がより丁寧で、詳細に書いてあります。 「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記 作者: ちき…

【Book】アキラとあきら

池井戸潤の小説は初めて読みました(テレビは下町ロケットとか半沢直樹とかよく見てるんですけども)。終盤に向けての面白さが半端なく、普段は電車だけでしか本を読まないのに、思わず昼休みに読んで読了したくらいです。 アキラとあきら (徳間文庫) 作者: …

【Book】サピエンス全史(まだ途中)

サピエンス全史、相変わらず読んでいます。なかなか分厚い本ですので、読み始めてから3週間ほど経ってますね。Kindleで読んでおりまして、ようやく後10%くらいになりました。初めは、慣れないサピエンスの説明からでしたが、後半に入ってくると、かなり面白…

【book】サピエンス全史(その1)

サピエンス全史を読んでいます。ボリュームのある本なので、ちょこちょこ感想を書いていきます。キンドルで読んでいます。4分の1くらい読みました。初めは種の違いから説明があります。ブルドッグとスパニエルは見た目は全然違うが、同じ種なので喜んで交尾…

【Book】中東から世界が崩れる

この本、とてもお勧めです。中東に興味のある人は、すぐに読んだ方が良いです。私は、伊藤洋一さんがラジオでこの本を薦めていたので読んでみました。作者の高橋和夫さんという人は、私は知らなかったのですが、日本でも指折りの中東通の人のようです。 中東…

【Book】みみずくは黄昏に飛びたつ

川上未映子さんと村上春樹さんの対談本、「みみずくは黄昏に飛びたつ」を読了しました。初めの方はそれほど面白くなかったんだけど、中盤から面白くなってきて、そのまま最後までたどり着いた、という本でした。川上未映子さんの本は読んだことがないんだけ…

【Book】ヨガ友

本屋さんに立ち寄ったらヨガ友の大きな立て看板があって、手にとって立ち読みしてみました。ページの初めの方に長友がなぜヨガを始めたと言うことが書いてあり、ヨガを初めてからメンタルの部分でもずいぶん変わったとありました。 長友佑都のヨガ友(トモ) …

【騎士団長殺し】読了

村上春樹の騎士団長殺し、発売された2冊とも読み終わりました。「1Q84」に比べて話はシンプルで、村上春樹初心者にお勧めな1冊であります。ただ、やはり奇妙な話の展開はつきものですので、その部分が許容できれば良いのですが。 騎士団長殺し :第2部 …

【騎士団長殺し】村上春樹が書きたくなかったんじゃないかと思う文章

騎士団長殺し、読んでますか?めちゃめちゃ面白いですよね。私も第2部の終盤まで読み進めてきています。ゆったりとした文章ながらも確実にストーリーは展開していきます。 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 …

【途中経過】騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

相変わらず通勤電車の中で、ずっと村上春樹を読んでいます。新聞もほとんど読んでいないので、世の中の動きにあまりついて行けてません。心境としては、完全に山にこもって本を読んでいるような状態です。 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 作者: 村上春…